不妊 不安

不妊による不安色々撃退談

妊娠できないストレスの増大!ホルモンバランスも崩壊

私は、なかなか妊娠できない不妊体質に悩んでいました。

 

義父母からチクチクと嫌みを言われる中で大きなプレッシャーを感じるようになっていました。旦那は出張が多く、不規則な時間帯での勤務形態のため、相談も出来ずにいました。

 

不妊治療のために産婦人科の通院を開始しましたが、孤独感とストレスが増大し、不眠や拒食・過食を繰り返すようになりました。ホルモンバランスが崩れ、月経も遅れるようになり、効果的な治療が難しい泥沼の状況へ陥っていました。

自分らしさを取り戻す!不妊によるストレス対策

私は、不妊による様々な弊害、ストレスと上手に付き合えない不甲斐ない自分を受け入れられずに悶々としていました。

 

産婦人科医師から不妊治療を休息し、気分転換をするように促されました。女として妊娠・出産しなければならないという呪縛から解放されたような気持が訪れ、友人と逢ったり、趣味の絵画を楽しむ機会を増やしました。

 

私らしさを取り戻して、いきいきと生活する中、旦那との間に生じていた微妙な溝が縮まりました。不妊治療を再開した時、旦那も一緒に通院してくれるようになっていました

 

自分自身の気持ちの変化が妊娠成功の鍵に?!

私が精神的に健康な状態を取り戻したことによって、旦那との会話が増えました。旦那の不妊治療への積極的な参加を通じて、夫婦で一緒に頑張っているという感覚が私の中に芽生えました。

 

私自身も高いモチベーションを維持して前向きに妊娠・出産に望めるようになりました。妊娠しやすい身体づくりのために緑黄色野菜が豊富な食事を工夫して調理するようになり、彩りよい食卓に旦那も喜び、一緒に食事をする機会が増えました。

 

産婦人科医師のアドバイスを元に性生活を続けたところ、双子を妊娠できました。不妊をストレスと感じずに、ポジティブな気持ちで解決策を模索することの大切さを実感しました。

 

妊活に必要なのは規則正しい生活とポカポカの身体